福利厚生優待電気(ベネフィット・ステーションの電気)と他社の電気料金を比較しました!デメリットもあり。(中部電力エリア編)

お勤め先等で「ベネフィット・ステーション」に入っているという方もいるかもしれません。その「ベネフィット・ステーション」で電力自由化の新電力の1つである「福利厚生優待電気」についてまとめてみました。「福利厚生優待電気」の提供は東京電力・中部電力・関西電力エリアのみとなります。ご注意ください。

このページでは中部電力エリアのみ解説しています。

東京電力エリアの福利厚生優待電気の解説はこちら
関西電力エリアの福利厚生優待電気の解説はこちら

福利厚生優待電気の料金表について

ベネフィット・ステーションのページを見ても料金表がどこにあるのか非常にわかりづらく、申込の入力画面にありました。中部電力に比べたらそれなりに安い料金で売っています。

安さで有名な新電力と料金表を比較してみた!

安さで有名な新電力(熊本電力、あしたでんき、エルピオ)と中部電力と「福利厚生優待電気」を比較してみました。
熊本電力:おうち電気B
あしたでんき:標準プラン
エルピオスタンダードSプラン
スマ電:しっかり!スマ得ホームプラン
中部電力:従量電灯B

  熊本電力 あした エルピオ スマ電 中部電力 福利厚生
30A(基本料金) 0 0 743.52 558.0 858.0 849.42
40A(基本料金) 0 0 937.04 844.0 1144.0 1132.56
50A(基本料金) 0 0 1171.29 1130.0 1430.0 1415.7
60A(基本料金) 0 0 1497.22 1416.0 1716.0 1698.84
~120kWh(1kWhあたり) 26 26 23.62 20.98 21.07 20.96
121~300kWh(1kWhあたり) 25 26 23.62 25.16 25.54 23.86
301kWh~(1kWhあたり) 23 26 23.62 26.79 28.49 25.31

料金表を見ても福利厚生優待電気が他の電力会社よりも安いのかわかりません。

安さで有名な新電力と使用料金を比較してみた!

せっかくなので安さで有名な新電力(熊本電力、あしたでんき、エルピオ)と中部電力と「福利厚生優待電気」を比較してみました。

熊本電力:おうち電気B
あしたでんき:標準プラン
エルピオスタンダードSプラン
スマ電:しっかり!スマ得ホームプラン
中部電力:従量電灯B

40Wでの契約での比較となります。黒太字は福利厚生優待電気より安いことを意味します。

  熊本電力 あした エルピオ スマ電 中部電力 福利厚生
100kWh 2600 2600 3299.03 2942 3251 3228.56
200kWh 5120 5200 5661.04 5374.4 5715.6 5556.56
300kWh 7620 7800 8023.04 7890.4 8269.6 7942.56
400kWh 9920 10400 10385.04 10569.4 11118.6 10473.56
500kWh 12220 13000 12747.04 13248.4 13967.6 13004.56
700kWh 16820 18200 17471.04 18606.4 19665.6 18066.56

結論:もっと安い電力会社がある

安さを求めるのであれば熊本電力にほうが安いので、契約するメリットは無さそうです。

デメリット:転職・退職すると高いプランへ自動移行?

※ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービスを退会された場合は、退会後約1ヵ月でイーレックス・スパーク・マーケティング株式会社が提供するスタンダードプランにプラン変更となります。電力料金単価も福利厚生優待電気のプランと異なります。あらかじめご了承ください。
(プラン変更の際のお手続きは不要となります。)

と書いてありました。スタンダードプランはあまり安くない(東電よりは安い)ので十分注意して下さい。転職・退職に限らず、勤務先がベネフィット・ステーションの契約終了でも電力会社変更となるため、これは大きなデメリットとなる気がします。

まとめ

電力会社を選ぶのは難しいかもしれませんが、福利厚生優待電気を検討している方の参考になったら幸いです。エネチェンジインズウェブ などの比較サイトでまずは調べてみるのがいいかもしれません。 

福利厚生優待電気より安い熊本電力はこちら

コメント