JRに乗るときは切符を分割で買うと安くなることがあります!購入方法も紹介します!

JRでは乗車券を分割で買うと安くなることがあります。それを利用すると、小さい金額ですが、節約も可能です。

以下のサイトで調べることができます。

乗車券分割プログラムの実行
乗車券分割プログラムを実行します。路線、発駅、着駅、券種、最大分割数、検索除外駅を指定して送信します。
分割.net - JR乗車券分割簡単検索
JR大都市近郊区間内各駅相互間の乗車券分割結果と、大都市近郊区間の各駅から最寄りの都区市内駅までの最安運賃を簡単に検索できます

安くなる例

東京ー横浜

東京ー蒲田 220円
蒲田ー横浜 220円
計440円

※東京ー横浜 470円(ICカード:464円)

八王子ー横浜

八王子ー町田 310円
町田ー横浜 390円
計700円

※八王子ー横浜 720円(ICカード:712円)

新千歳空港ー札幌

新千歳空港ー恵庭 400円
恵庭ー上野幌 360円
上野幌ー札幌 260円
計1020円

※新千歳空港ー札幌 1070円

関西空港ー京都

関西空港ー東佐野 460円
東佐野ー北信太 220円
北信太ー南田辺 220円
南田辺ー大阪 220円
大阪ー京都 560円
計1680円

※関西空港ー京都 1880円

購入方法

切符を事前に買っておけば、分割駅で降りる必要はありません。事前に購入する方法は限られています。

JR東日本の指定席券売機

JR東日本の指定席券売機ではJR線であれば好きな駅から好きな駅まで買うことができます。短距離の普通乗車券も普通に購入可能です。

※JR東日本以外の指定席券売機では好きな駅から好きな駅まで買うことができません。

①指定席券売機の下にある「乗車券 普通回数券 買いまちがい払いもどし」をクリックします

②「乗車券」をクリックします

③乗車日を指定します。1か月前の10時から購入が可能です。

④利用人数を選びます。

⑤分割する場合は基本的に「普通列車のみ利用する」を選びます。
※新幹線や特急を利用して分割したい場合は上の項目を選択します。

⑥出発駅を指定します。好きな駅を出発駅にしたい場合は「その他の駅」を選びます。

⑦平仮名を打っていきます。(難読駅名も多いので事前に調べておくことをお勧めします)

⑧平仮名をある程度入力すると出発駅が絞られます。実際に購入したい駅名を選びます。

⑨到着駅も出発駅と同様の手順で選びます。

⑩利用する経路を選びます。長距離区間だと複数経路出てくる場合がありますが、短距離区間だと経路が1つしか出てこないことが殆どです。

⑪乗車券が問題無いかどうか確認し、問題なければ確認をクリックします。

⑫片道か往復かどうかを選びます。

⑬再度に支払いをします。交通系ICカード(カードのみ)、クレジット、現金での支払いが可能です。クレジットの場合は暗証番号が要求されます。

⑭切符が発券されます。短距離区間でも特急券の大きさで乗車券が出てきます。

旅行会社

日本旅行や近畿日本ツーリストなどで好きな駅から好きな駅まで買うことができます。短距離の普通乗車券も普通に購入可能です。
※購入に時間がかかる場合もあります。

コメント