ジェットスターの成田→香港に乗ってみた!深夜に香港到着!

2020年1月にジェットスターで香港へ行ったのでまとめてみます。

東京ー香港は数多くの航空会社が飛んでいますが、LCCはジェットスターと香港エクスプレスの2社のみです。

航空券

GK23 東京(成田) 20:40発→香港 1:10着
※所要時間は5時間30分(日本と香港は1時間の時差)

成田のターミナルは第3ターミナルを利用します。

※ジェットスターの国際線は空港の自動チェックイン機を使用することができません。

情勢もあってか片道7500円くらいで買うことができました。

成田T3の国際線制限エリアについて

成田空港の第3ターミナルを使用する国際線は少ないため、地方空港の国際線制限エリアに毛が生えたようなショップ数になっています。

チェックインは大行列なので19:00に空港着いた私はショップを見て回る時間は殆どありませんでした。

Fa-So-LaショップとSPRING SHOP秋(時間帯によって利用不可)の2つになります。

フロアマップ | 成田国際空港公式WEBサイト
成田国際空港の公式サイト 成田国際空港内のフロアマップをご案内しています。
SPRING SHOP 秋(第3ターミナル) レストラン・ショップ情報 | 成田国際空港公式WEBサイト
成田国際空港公式サイト 成田国際空港内のレストラン・ショップに関する情報をご案内しています。

Fa-So-Laショップの詳細はこちら
https://www.fasola.jp/search/floor-map/no3/index.html

搭乗口について

香港行きの搭乗口は国内線・国際線共用ゲートである150Dでした。搭乗口通過後はバスで駐機場への移動となります。

機内販売について

機内販売はジェットスターの国内線で購入できるものに加え、国際線では免税品の購入も可能です。免税品は2500円以上の購入で500円の割引になるようです。

機内販売では国際線ではチキンカツカレーの注文も可能ですが、すぐ売り切れていました。
https://www.jetstar.com/_/media/files/foods-and-drinks/gk-cafe-menu.pdf

免税品はこちら
https://www.jetstar.com/_/media/files/duty-free/jetstar-japan-duty-free.pdf

機内について

冬ダイヤの成田→香港は飛行時間4時間40分になります。安定飛行後に機内食配布(事前購入者)・機内販売が1時間程度行われます。その後約3時間は機内は真っ暗になります。着陸の50分くらい前から着陸の準備態勢ということで機内が明るくなります。

乗客の大半は香港人でした。日本人はあまり乗ってない感じでした。

香港到着後

香港ではボーディングブリッジを利用してターミナルに行くことができました。
香港では到着直後に入国審査へ進まなくても良いので、深夜到着で宿を取っていない場合は入国せずに制限エリアで待機することも可能です。

一般エリアにあったプライオリティパスのラウンジは改装工事で使えなくなっていますので、ラウンジで夜明けまで待機予定だった人は制限エリアで待つことをお勧めします。

制限エリアにはセブンイレブンがあるので、食事の購入も可能です。
https://www.hongkongairport.com/en/shop-dine/shopping/7-eleven

コメント