カタール航空のドーハ―バルセロナのエコノミークラスに乗ってみた!

スペインのバルセロナへ行くのに、カタール航空のドーハ―バルセロナを利用したのでまとめてみます。

航空券

QR145 ドーハ 7:50発→バルセロナ 12:50着 所要時間:7時間(2019年12月搭乗)
QR146 バルセロナ 15:10発→ドーハ 23:10着 所要時間:6時間(2020年1月搭乗)

カタールとスペインの時差は2時間あります。

搭乗

出発時刻の1時間前くらいから搭乗開始となります。

QR145・QR146はカタール航空運航ですが、LATAM航空の機材をほぼそのまま使っているため、外装はLATAM航空、機内の設備もカタール航空とは一部異なります。

コントローラーが無いためゲームはできません。
機内Wifiも使用することはできません。
機内コンテンツについてはこちらに載っています
https://www.qatarairways.com/en/ife-homepage.html

イヤホンは配られますが、自前のイヤホンも使用可能です。
電源は下記画像にあるUSBポートと座席下にあるプラグを使用可能です。

画像は無いですが、おしぼりが配られます。

ドーハーバルセロナ線ではアメニティ無し

ドーハーバルセロナ線ではアメニティはありません。成田・羽田ードーハなどの長時間路線では配られます。

機内食について

機内食は1回ずつ、加えて、ドーハ→バルセロナではパイ、バルセロナ→ドーハではお菓子が配られます。

QR145(ドーハ→バルセロナ)

機内食は、出発後に朝食が配られ、到着1時間前にライトミールが配られました。

私が乗ったときは機内メニューは機内で配られました。(2019年12月搭乗)
メインはスクランブルエッグ・ソーセージ(下記画像)、パンケーキ・ストロベリーコンポート、Jeera aloo with vegtable tikki(ベジタリアンメニュー)の3つから選べました。
メインに加えてヨーグルト(マンゴーソース)・カットフルーツ・パン・水もありました。

ライトミールはトマトパイかチキンパイのどちらかを聞かれ、チキンパイを貰いました。

飲み物についてはアルコール含めて数多くのメニューがあります。

QR146(バルセロナ→ドーハ)

機内食は、出発後にお菓子・飲み物が配られ、到着2時間前に夕食が配られました。機内メニューは配られませんでした。(2020年1月)

夕食のメインは、チキン・ラム・パスタが聞かれました。メインの他に、パン・お米とチーズのサラダ・チョコレートムースがありました。
画像はありませんが、GODIVAのチョコレートも配られました。

機内食以外でもときどき飲み物を配りに来ていました。

コメント