楽天モバイルの1年間無料は申し込む価値あるのか調べてみた!iPhoneは使える?

MNOの楽天モバイルが4/8よりサービス提供開始ということで、1年間無料の発表をし、話題になっています。実際に申込の価値があるのか、iPhoneが使えるのか調べてみました。

料金プランについて

楽天モバイルのプランはRakuten UN-LIMITの1つのみです。
このプランの特徴は、税抜2,980円/月(税込3,278円)で以下の機能が提供されます。
キャンペーンで300万名が1年間無料となります。
端末のセール販売も行っており、
・Galaxy A7が17,000円(15,000ポイントプレゼント)
https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/start-point/
・Rakuten Miniが1円
https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mini-discount/
などが開催されています。

[通信]
・楽天回線エリア※での通信は容量制限無し
・auパートナーエリアでの通信は毎月5GBまで
・海外での通信は毎月2GBまで
[電話]
・国内→国内、海外→国内は無料(楽天Link使用)
・国内→海外は毎月980円(税抜)の別料金でかけ放題
[SMS]
・国内・海外で使い放題(楽天Link使用)
https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

※楽天回線エリアは5/21現在は以下の地域のみです。
・東京、千葉、神奈川、埼玉の一部
・名古屋周辺
・大阪・京都・神戸の一部
・福岡・札幌・仙台などごく一部
https://mobile.rakuten.co.jp/mno/area/

https://item.rakuten.co.jp/rakutenmobile/20200303_sim/より引用

楽天モバイル回線が使える端末

楽天モバイルは公式サイトでは「楽天モバイルSIMは、楽天回線対応製品以外での動作保証はしておりません。」と書いてあるため、楽天回線対応製品を別途用意したほうがいいかもしれません。楽天回線対応製品以外の使用については次の章で解説します。

製品についてこちらに記載されています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/rakutenmobile/un-limit/product/

最安はRakuten Mini(税込1円)ですが、eSIMとなり、物理SIMがついてこないため、お勧めしません。
物理SIMがついてくる最安端末はGalaxy A7(税込17,000円、15,000ポイント還元)となりますが、おサイフケータイ非対応なので注意が必要です。

楽天モバイル対応製品以外でも使えるのか?

無料サポーターを契約している私が試した範囲とインターネットの情報をまとめたものです。間違っている可能性もあるので、参考程度にしてください。
情報が増え次第更新していくつもりです。
手持ちの端末で調べたい場合は、Twitter検索で「楽天モバイル (手持ちの端末)」で調べるのが良いと思います。

[Android]
・OSがAndroid10以上であれば、使えるとの情報が多い
・OSがAndroid9以下だと使える端末と使えない端末がある
※手持ちのAndroidでは、OSが9のときは使えませんでしたが、10にアップデートで使えるようになりました。

[iPhone]
・XS・XS Max・XR・11・11 Pro・11 Pro MAXであればAPN設定すれば使える情報が多い
・8以下の世代だと、SIM下駄や脱獄で使えることがあるのとのこと。
※手持ちのXRでは使えましたが、7では使うことができませんでした。
※SIM下駄や脱獄の使用は端末故障の原因になりますので、ここでの記載は避けさせていただきます。

Android9以下とiPhoneではAPNの設定と「Volteオン」「LTEオン」「4Gオン」などが必要(端末によって設定名は異なります)です。
APN : rakuten.jp
携帯国番号 : 440
通信事業者コード : 11
APNタイプ : default,supl
APNプロトコル : IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル : IPv4/Ipv6
※ここに非掲載のものは全て未設定のままで大丈夫です。

iPhoneの設定例のスクリーンショットです。

 

コメント